2009年02月のノート
[HOMEに戻る] [過去のノート一覧] [primo専用]
●2009年02月15日(日)

こんばんは〜ごくたまに登場のスタッフAです。
久しぶりに書き込みしたいと思います。


先日仕事のお休みを頂いて韓国旅行に行ってきました。

唐辛子かにんにくが合わなかったのか、一晩嘔吐と下痢に悩まされましたが、3泊4日のスケジュールの予定通りしっかり遊んできました♪楽しかった!


韓国はどこでも簡単な日本語、つたない英語が通じるのでさほど「外国にいる!」という感じがしなかったのですが、韓国の方はお国柄なんでしょうか、返事がない。。笑顔がない。。
全員ではないですが、クールな方が多いことにびっくりしました。
決して無視されているわけではないんですけどね。
日本ではニコニコ対応してくれるところが多いですよね・・
それは日本の国民性?賛否両論あるかもしれませんが、親切な対応は諸外国に誇れるところだ!と実感しながら帰国しました。



韓国のガイドさんに職業を聞かれ、助産師だというと、とてもびっくりされました。
「そんなに若いのにダイジョウブナノ〜?」

韓国には助産師という資格はないようです。
韓国では助産師にあたる人は、特に資格がなく経験のみで赤ちゃんをとりあげるおばあちゃんという感覚で、日本の昔の産婆さんに近いとのこと。
人数はとても少ないみたいです。
ほとんどの人は病院に行って医師がお産をとりあげることが多いそうです。

そしてさすが美容の国、韓国。
今の時代は帝王切開がかなり多いとか。
理由は美容のため・・自然分娩が美容にどう関係するのか、そこまでは聞けなかったのですが。
「私も、私の妹も、私のお母さんも自分で希望して帝王切開にシタノヨ〜」とガイドさん。
プリモでは自然に産みたくてもやむをえず帝王切開している方がいるのにな〜なんかもったいない!?


ですが最近になって自然分娩や母乳が少ーしずつ見直されてきているとも言っていました。
その流れは日本と同じですね〜。

文化として帝王切開が根付いてしまうと、人間はそのうち自然分娩したくてもできない体に逆に進化してしまうんじゃないかな〜なんて考えたりしました。
帝王切開率が高い国は韓国以外にもありますしね。


そんなこんなで色々あった韓国旅行。
アイラブ日本料理。
アイラブ日本の皆様。
アイラブ自然分娩。
という私の結論で・・・



アンニョン〜〜(^.^/)))~~~bye!!


でもまた韓国行きたいです〜〜♪♪


●2009年02月06日(金)

\(⌒日⌒)/こんばんわ

只今、夜中の0時半です。
昼間おとなしく寝ていたベビーちゃん達が
次々と泣き出しています(>_<、)

よくお母さん達から「この子昼と夜と逆転
してるんです」と言われますが、新生児の
内は比較的夜に行動的になる子が多いです。

まぁ〜確かに昼間ずーっと寝ていると夜は
起きてしまいますが、お腹の中にいる時も
夜の方が良く動いていませんでしたか?

一説によると人間も哺乳動物なので、他の
動物と同様に昼は休んで、夜に活動する
本能が備わっているんだそうです。
それが成長するに従って人間社会に適応
するよう学習していくとの事。
新生児の内は、まだ原始的な反応が備わって
いるので夜に起きるのは自然な事のよう
ですヽ('ー`)ノ

妊娠週数が進むと夜トイレに起きる回数が
増えませんか?
それは夜中の授乳に体を慣らす為の準備
を始めているからだそうです。
女性の体って偉大ですよねw(°o°)w

とは云ってもやはり夜起きるのは辛い!
(実は次第に慣れては来ますが)寝不足は
美容にも悪いしストレスも溜まります。
ではどうしたら良いか?
簡単です(^▽^)答えは「昼寝する」です。
昼間赤ちゃんが寝ているからと云って
テレビを見たり、ママ友と長々とメールしたり
してたら、どうしたって睡眠時間が短くなり
疲労は蓄積してしまいます。
なので赤ちゃんが寝たら自分も短時間でも
横になって休むのが一番です。
上にお子さんのいる方は上の子が昼寝する時間
一緒に寝ちゃいましょうヽ(^。^)丿

多少部屋が汚れてったって、夕飯が手抜きだって
いいじゃないですか「だって育児で疲れて
いるんだもーん」と堂々と言い訳して下さい。
万が一それでもブツブツと言う人がいたら
逆切れしてみましょう。次回からはきっと
怖がって何も言わないはず・・・かも(^0^*

では又(^ _ ^)/~~サヨナラ



primo-st