2018年05月のノート
[HOMEに戻る] [過去のノート一覧] [primo専用]
●2018年05月31日(木)

母親教室で田中先生がお産に必要な
条件の1つとして「お母さんスイッチ
が入ること」とお話しされています。

今朝のお産の方はまさに「お母さん
スイッチ」が入った途端にお産に
なったのかな?と云う印象でした。

初めてのお産の方で、入院時点で
子宮口がすでに6センチ開大しており
「朝までに産まれそうですよ」と
ご説明させて頂きました。
(夜中1時過ぎに入院)

でも・・・
入院して来た時点でもニコニコ
「まだ大した事ないんですよ〜」と
子宮口が8cmになっても笑顔で
御主人とお話しする余裕がある位!

確かに陣痛の間隔は短かったのですが
1回の張りが40秒くらいあっても
良い時期なのに20秒位で収まって
しまう微弱陣痛の状態でした。

なのに!なのに!本当に突然
それまで「フー フー」とソフロの呼吸
で過ごせていたのが「フゥウーーン!」
と力が入り始め赤ちゃんの頭が直ぐ近く
まで下りてきていました!!!

そこからは早かったです。
お産のトータル時間も6時間程と
超スピード出産でした。

多分「フー」から「フゥウーン」
に変わった時が「カチッ」とスイッチ
が入った瞬間かな〜?と思うのですが

今度田中先生に聞いてみようと思います。



●2018年05月30日(水)
おはようございます。

今日も暑くなりそうです。
昨日の昼食に担担麺がでました。
少しピリ辛で入院中の方からは
大好評(*´∀`人)

お産が終って2時間位にお昼
ご飯を食べた方も全量摂取して
頂きました

そのお産を介助させて頂いた方は
たまたまお一人目も私が担当でした。
しかも赤ちゃんの担当も同じスタッフ
でした!
偶然とは云え、ちょっとビックリ

●2018年05月29日(火)
暖かくなってきました∩(´∀`)∩ワァイ

先日プリモでは毎年恒例の
消防訓練が開催されました。

残念ながら私は夜勤で不参加
でしたが写真をお借りしました。

見事に腰が引けた消火体勢!!
これで本当に火が消えるのかと
心配になりますが・・・

ご安心ください!!
当院期待のNO1新人スタッフが
しっかりと腰を落として足で大地
を踏みしめ的めがけて消化してい
ました。

「この人がいれば多少の火は消して
くれそう」と思わせてくれるような
下半身の安定感でした。

最近立て続けに以前プリモでお
産された方にお会いする機会があり
第1声が「まだいるんですね〜」
でした。

じつは今日も某スーパで2年位前に
お産された方と偶然にお会いしました。
こちらも「あら〜」向こうも「あら〜」
そして「まだいるんですね」・・・
「ずーっといますよぉ」とお答えしました。
皆さん全然かわっていなくて若々しかったです。

私も3年も4年も前にお産したした方から
「○○さん全然変わってないですね〜」と
言われたいです(´д`、)

●2018年05月23日(水)

昨日の夕飯は大きなロールキャツでした。

夕方経産婦さんが破水の疑いで入院されました。
4p開大でお腹も3分位で規則的に張っていたの
で朝までにお産になると思っていたのですが
朝まで3〜4分毎の張が続き、結果産まれません
でした?(=゚ω゚=;)・・・・・

「今晩中に産まれると思いますよ〜」なんて
言っちゃってごめんなさい@(;・ェ・)@ノ 
日中産まれているといいですけど・・・

前駆陣痛だったのか???
さすがに経産婦さんで3〜4分の張があれば
前駆陣痛とは思いませんものね〜

まだまだ未熟者だと思い知らされました(T-T*)

●2018年05月20日(日)

慌ただしい日々が続き更新が遅くなって
しまいましたm(。≧Д≦。)m

ただ今病棟は満床でございます。
毎日ベビーがお誕生しており賑やか
です((´∀`*))

最近はお産直後の方でも元気な方が多くて
「お腹すいた〜」と言っている方もいます。

やっぱりソフロだとお産でヘロヘロになるまで
体力を消耗しないからですかね。
お産当日から母児同室する経産婦さんも
いましたよ!!

今日立会したお姉ちゃんは弟が生まれてくる
所をじ〜くり観察し一生懸命話しかけていました。
なんか微笑ましい光景でした。

●2018年05月06日(日)
折角のお休みなのでお出かけしようかと
思ったのですが残念な事にお天気が・・・

ゴールデンウイークも本日で終了です。
満喫した方、疲れた方、色々だとは
思いますが又、明日からがんばりましょう!

5月5日のお昼には特別メニューが出ました。
連休明けの外来は混み合うと思いますので
予約なしの方は申し訳ありませんがお断り
させて頂く事もありますのでご了承下さい。



●2018年05月02日(水)

明日、娘の成人式の前撮りに行ってきます。

「もうそんなになるのかぁ」と感慨深い
ものがあります。

自分がお産した時の事を思い返してみると
上の子(息子)は8月の嵐のような日でした。
訳あって地方から都市部のNICUのある
病院に搬送になったのですが、お盆で渋滞も
ありヤキモキした記憶があります。
しかも自分はお産したばかりで移動が出来ず
入ってくる情報は又聞きするしかなく・・・

今の私を知る人には想像も出来ないでしょうが
1人ベッドで「シクシク」と泣いていました。
自分には搾乳するしか出来ないんだ・・・と

しかーし何とその息子が昨晩無断外泊し朝9時頃完全に
酔っぱらって「あー駅まで迎えにきて(呂律
も怪しく)くれない?」と

駅で待ってると完全に千鳥足の息子がお酒の
臭いをさせて車に乗り込んできました。
「まぁ良く乗り過ごさなかったなぁ」とか
「バッグをどこかに忘れて来なかったんだ」
となんか可愛く思えてきました。

帰ってきた時は吐いていましたが夕方には
お腹すいたと普通にカツカレーを食べていました!!

何が言いたいかと言うと「子育てにはいろんなことがあります」
良い事も悪い事も・・・

自分の思い通りに行かないのが育児ですね。
きっと自分も親には迷惑をかけたのだと思います。

自分の子はきっとどんな迷惑を掛けられても無条件で
守りたい存在なんですよね

今、反抗期のお子さんをお持ちの方も何時かは反抗期
を卒業します。そしてその子が大人になった時に
親の偉大さを分かってくれるのではないでしょうか

今、育児で悩んでいる方が沢山いるかとは思いますが
相談する場所はありますし相談する事は恥ずかしい事
ではありません。
お産した病院や地域の母子保健センターに連絡を
取ってみて下さい。
けっして1人で悩まないで下さいね
手を差し伸べてくれる人は周りに必ずいます。



primo-st